2013年04月07日

エコチル調査ふくおか 産業医科大学サブユニットセンター


子どもの健康と環境に関する全国調査(エコチル調査)


各地域にユニットセンターがありますが、こちらでも各ユニットセンターを紹介してみようと
思います。


第二回目はエコチル調査ふくおか 産業医科大学サブユニットセンターです。


module-mascot.gif  


  マスコットキャラクタ―の
ふくちゃん
  案内してくれます。













エコチル調査についての説明は以下のように語られています。


「環境リスク」に最も弱いのは、胎児と子どもです。エコチル調査は、環境が子どもたちの成長・発達にどのような影響を与えているかを、お母さんのお腹にいる時から12歳までの長期間にわたり、そしてこれまでにない10万人という規模で明らかにしようとするプロジェクトです。


img-about02-01.gif


エコチル調査では、全国の15地区で10万人の妊婦さんに協力してもらい、赤ちゃんがお母
さんのお腹にいるときから13歳になるまで採血やアンケートを行って、定期的に健康状態を
調査して、環境中の物質、生活習慣などと子どもの成長や病気との関係を調べます。


環境中の物質とは、残留性有機汚染物質(ダイオキシン類、PCB、有機フッ素化合物、難燃剤等)、重金属(水銀、鉛、ヒ素、カドミウム等)、内分泌攪乱物質(ビスフェノールA等)、農薬、VOC(ベンゼン等)など。生活習慣とは、食事や運動などです。


エコチル調査・研究は2011年から2032年までを予定しています。最初の3年で妊婦さんを
登録して、その後は13年間追跡します。その後の5年間でデータの解析を行います。


img-about02-01.gif


未来の環境づくりに向けた、大切な調査として活動されておられます!




                        %CEХ%~1.GIF



X3ow0RsVyP8XSfo1364629588_1364630610.png


                        %CEХ%~1.GIF



                           NPOシックハウス診断士協会
                           全国安心住宅ネットワーク
          
                            〒399-0716 長野県塩尻市桟敷49番地3
                            〒108-0073 東京都港区三田2-1-41-1F
                             TEL 0263-87-7531
                             FAX 0263-87-7532
                             メールアドレス tk@sick-life.com



posted by シックハウス診断士協会 全国安心住宅ネットワーク at 08:14| エコチル調査関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。